時には、イギリス人と会話する機会はあるかもしれませんが、ネパール、ミャンマー、バングラデシュの英語など、ローカルな訛がある英語を聞くことも、英会話力があることの大きなポイントです。

一方で、より良い英会話を話すためには、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどのネイティブとできるだけ会話する機会を持つようにすることも大事です。

一般的に英会話では、ヒアリングができることとスピーキングができるということは、挨拶などのようにパターン化した場合だけ話せれば良いということではなく、どんなシチュエーションでも話せることができなければなりません。

英会話の勉強は、最初は、文章を理解するための文法と最低限のフレーズを記憶することが大切です。

オンライン英会話のあるスクールでは、毎日、レベル別に行われているマンツーマンのレッスンと講師からの復習が義務付けられています。

その日にレッスンで勉強した英会話を忘れないようにすることが大事なのです。

英会話学習の際には、電子辞書を使いましょう。

電子辞書は、英会話の心積もりというより、英会話を勉強する姿勢としても大事で、誤りをすぐに電子辞書で確認すると言うことが英会話が上手になる秘訣です。

電子辞書のコンテンツで人気の高い「志村けんのバカ殿様」は、オンライン英会話のレッスンでも大変好評なソフトでインターネットとも接続されていて、定期的に英会話の勉強ができるので大変効果が上がる教材と言えるでしょう。

電子辞書を用いて効率的な英会話の学習をする場合、聞き取りの時間を持つこと、英語脳で会話を考えること、記憶した英単語を忘れないようにしましょう。

例えば、英語技能の検定テストであるTOEICは、高スコアを得るのを目標とする人からビギナーまで電子辞書でレベル別に学習できます。

自分のウィークポイントを意識的に掘り下げ、スコアアップになるようにベストな電子辞書のコンテンツを見つけてください。

Youtubeやニコニコ動画、ツイッターやfacebookなどのSNSは、外国に行かなくても、英語にどっぷり浸かる状態になりますし、とても効果がある英会話の勉強ができます。

電子辞書を使えば、ロールプレイングや色々な場面を想定する例文を参考に、さらに映像や歌、下妻物語などを使用して、ヒアリングの力を向上させます。

「いいものだけを世界からプログラム」は、ヒアリングで聞いたことを話して、何回も練習します。

そうすることでリスニングの能力が急激に向上するという勉強法です。

電子辞書により英単語を記憶すれば、とりあえず英会話は話せるようになりますが、文法までマスターすることにはなりません。

英単語を覚えることよりも、文章全体をシッカリ構築できる能力のほうが大切です。